News Release 

ダークマターは「密」になりたがる!? 宇宙一小さな銀河たちから導かれるダークマター理論への制限

Tohoku University

Research News

IMAGE

IMAGE: A schematic of dark matter distributions where red indicates regions with higher dark matter density. The illustration on the left indicates that dark matter distribution becomes denser in the center... view more 

Credit: Kohei Hayashi

ダークマターとはいったい何者なのか?様々な観測から私たちの宇宙はダークマターという物質に支配されていることがわかっていますが、その正体は未だ謎のままです。この未知の物質に対して数多くの理論が立てられています。東北大学大学院理学研究科の林航平特任助教らの研究グループは、宇宙で最も小さく暗い銀河の星の運動から、ダークマターの有力候補である「自己相互作用するダークマター」に対してダークマターが散乱する強さを調べました。その結果、ダークマターの散乱は非常に弱く、密になりやすいことがわかりました。本研究の成果はアメリカ物理学会の発行する学会誌、Physical Review D に2021年1月20日(米国東部時間)にオンライン掲載されました。

【用語解説】

(注) 矮小銀河

数十億個以下の恒星から成る小さな銀河。数千億個の恒星から作られている銀河系と比べても、その規模は非常に小さいことがわかる。この銀河は大量のダークマターを含んでおり、この星の運動はダークマターが作り出す重力に支配されていると考えられている。超低輝度矮小銀河は矮小銀河の中でも、恒星の数が数十万個以下と非常に少ないのが特徴である。

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.