News Release 

生物多様性の死後の効果

Yokohama National University

Research News

IMAGE

IMAGE: Violin plots and boxplots showing potential increases (%) in the process of decomposition (mass loss) resulting from diversity change or climatic warming view more 

Credit: Akira S. Mori, Yokohama National University

横浜国立大学 環境情報研究院の森章准教授は、生物多様性が有機物分解に与える影響を評価した論文を発表しました。落ち葉などの植物リターの種多様性(死後の多様性)が損なわれることで、どれだけ有機物の分解と無機化の速度が変わってしまうのかを定量化し、その効果を地球温暖化による効果と比較しました。今回見いだされた知見は、生物多様性がどれだけ地球上の炭素循環に関わるのかを知り、将来的な気候変動予測の精度を高めることにも貢献すると期待されます。 本研究成果は、国際科学雑誌「Nature Communications」(9月11日付)に掲載されました。

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.