News Release 

毛髪再生医療を目指した毛包原基ヘアビーズの開発

バイオプリンタを用い毛包原基の高効率な大量調製を可能に

Yokohama National University

IMAGE

IMAGE: The new approach showed a higher rate of hair generation compared with other methods. view more 

Credit: Yokohama National University

横浜国立大学の福田淳二教授らの研究グループは、毛髪再生のための移植組織として、コラーゲンゲルビーズに間葉系細胞を包埋すると自己収縮する反応を利用して毛包原基を作製する方法を開発しました。ヘアビーズと名付られた新規開発ゲルビーズを使うことで、従来よりも発毛効率の良い移植組織を大量作製することができます。

この研究成果は、Biomaterialsに2019年5月9日にオンライン掲載されました。

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.