News Release 

トランプ政権下におけるFDAの強制措置に関して、Scienceの新部門が調査報告を発表

American Association for the Advancement of Science

Scienceの新部門で寄稿記者を務めるCharles Pillerによると、米国食品医薬品局(FDA)は米国でも特に重要な監視役であるにもかかわらず、トランプ政権発足以来、その遵守措置や強制措置が著しく減少しているという。FDAは、臨床試験や食品安全、製品回収、薬剤、医療機器などの監視と規制を通して、人々の健康を守る責任を負う主要な連邦政府機関である。FDAは「警告書」を発行することによって違反に警告を与え、事実上、危険な食品やドラッグなどの製品を市場から排除し、消費者の手に渡らないようにしている。しかしPillerの報告によると、ドナルド・トランプが大統領に就任して以降、警告書は3分の1減少したという。また、就任1年目より2年目のほうが警告書が大幅に少ないことから、この減少全体は、新政権の出だしが遅かったことを単に反映しているわけではないと、Pillarは述べている。この見識は、FDAの公文書にある強制や遵守のデータを分析した結果、明らかになったものである。FDAの警告書の全体数が減少している原因は不明だが、FDAを監視している人々(FDAの元内部関係者を含む)はこの傾向を憂慮していると、Pillarは指摘している。FDAが発表した声明書では、「目立たないが、きわめて重要な」規制措置や遵守措置が継続中であるとされており、今回の報告結果はそれと対立するものではない。

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.