Public Release: 

古細菌の新たな分子化石の発見 2億年より古い時代の古細菌の調査がより簡単に!

Tohoku University

IMAGE

IMAGE: 中国の試料採取地の露頭。 view more 

Credit: 海保邦夫

発表のポイント

生命史の未知部分を解明する新しい方法を発見。古細菌の新たな分子化石を約2億5千年前の中国の地層から発見。当該分子化石の同定には普遍的な分析機器(質量分析計)を用いたため、本検出方法により、2億年より古い時代の古細菌の調査が以前より進む可能性がある。

概要

地球のあらゆる生物は分類学的に、真正細菌、古細菌、真核生物の3つに大別されます。今までは地球史の大部分における古細菌の分布や多寡はほとんどわかっていませんでした。

今回、東北大学大学院理学研究科地学専攻の齊藤諒介理学博士(現:宮城県庁)と海保邦夫教授らは古細菌の新たな分子化石を約2億5千年前の中国の地層から発見しました。また、発見した分子化石の同定には、通常より普遍的な分析機器を用いる新たな同定方法を使用しました。これにより今後、地球史における古細菌の分布がさらに解明されることが期待されます。

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.